テレビドラマ

2012年10月31日 (水)

全国からポスター見に来たりして

こんな記事発見。

勇者ヨシヒコと悪霊の鍵:ポスター1枚で宣伝 低予算逆手に話題作り

これってヨシヒコだからできる売りだよな~
楽しそう~近くだったら絶対見に行ってるし。

ってかファンが全国から来ちゃったりしないんですかね、コレ。
それはそれで低予算でしてやったりなんでしょうか。

こういう元気のあるコンテンツはいいですね~うらやますぃ。

| | コメント (0)

2011年12月23日 (金)

替えのきかないBGM

よくドラマで流れていたBGMというのは他の番組で使われたりするのは
むしろ当たり前になってきていますけど、「家政婦のミタ」のBGMは
こりゃ替えがきかないな~という印象。
どの曲を聴いても「あ、ミタさんだ!」と思ってしまうぐらいBGMが濃いから。
そして見ていた人が多いから、テレビ局もおそらく家政婦ネタ以外に使えないんじゃないだろうか。

そういうBGM、作り手としては嬉しいんだろうなーきっと。
替えのきかないBGM(サウンドトラック)なんて素晴らしくカッコいいです。

| | コメント (0)

2011年12月22日 (木)

テレビ離れなんかじゃなくて

最近「テレビ離れ」とか言われているけど、
そうじゃないんだというのが分かった「家政婦のミタ」の最終回視聴率40%の驚きの数字でした。

テレビ離れではなくて、面白いテレビ番組が無いというだけの話なんだなと。

今回、多分、憶測ですけどテレビ作っている側の人が元気になったような気がします。
テレビはまだまだ人を呼べるんだということが分かったから。

20%行けば大ヒット的な今に40%とか、どんだけ凄いのか計り知れませんけど、
こういうことがあったおかげでテレビが保守的ではなくて攻めモードになってくれれば、
少しもテレビの前に人が戻ってくるのかもなあなんて思います。

| | コメント (0)

ミタさんに泣かされたー

いやはや「家政婦のミタ」でめっさ泣いてしまい、
すぐに寝ると顔がヤバいってんでちょっと起きてる間に記事でも書くべかと。

ミタさんの笑顔に泣かされたー

うららちゃんが確変して終わった感じだけど、できれば三田さんに阿須田家に入ってもらいたかった
・・・と思うのはこっちの願望というか勝手というか。
全体的にはネタ傾向の強いドラマという名前のなんか違うもののような気がします。
花嫁争奪戦といい、父親のありえな土下座といい、三田さんを笑かすために
阿須田家の仕掛けるトラップといい、バカバカしさ満載です。
最終回だからいろいろ遊んでるなーと思いました。

脚本家の遊川和彦さん、最近頻繁にメディアに露出してるけど、
視聴者のこうなってほしいという思いをぶっちぎって突っぱねた感じ。
媚を売るよか全然カッコいいです。

とにかく奈々子さんのあの笑顔は反則だーーー!
リピートしたいけど、明日顔がダメになるのでできなーい。

| | コメント (0)

2011年12月15日 (木)

ミタで泣いた

ここんとこ泣かされっぱなしですね>家政婦のミタ

遊園地の子供達の爆食いシーンと
お母さんが自殺じゃなくて事故だと語りかけるシーンは泣きまくりでしたねー
明日の顔への影響が心配です。

先週と今週でミタさんの目の表情が全然違います。
特にお母さんは事故だと言うところ、子供達に語りかけているシーンは
明らかに目になんつうか感情が宿っているという感じで、
今まで見たこともないミタを見た!みたいな(なんだこの文章はぁ~)

お母さんになるのを承知したミタさん、来週はうららちゃんと一騎打ち?
最終回まで引っ張る引っ張る。
今日は時間があれだから視聴率もたぶんあれでしょうけどby所長
来週30超えてフィニッシュしてほしいですねー

| | コメント (0)