« あるある過ぎて大笑い | トップページ | 1700万ダウンロード »

2014年1月 8日 (水)

とうとう黒猫のウィズに手を出したところ

とりあえずパズドラ信者になりつつある自分でしたが
最近よく聞くこのタイトル。

パズドラに迫る1700万ダウンロードの数字を持つ「魔法使いと黒猫のウィズ」の遊び心地は
どないなもんかとちょっと触ってみるべかとインストールして遊んでみたところ
まんまとハマってリセマラ続けること3日(爆)

「正月カトレア」とか「タケミカヅチ」とか「アルル(A)」とか、色々引きました。
ええ、色々引きましたとも。

で、最終的に攻略サイト参照してこの子に決めました。ミネバ・クロード。
アンサースキル全体攻撃と、スペシャルスキル全体極大攻撃。

Screenshot_20140108011832_2


アルルのAでかなりきつかったけどこの子にしたらあっという間に進んでしまいました。
このカード強すぎるだろ。

3日リセマラしてましたんで、そのご褒美と思えば。

で、今は次のエリアに入って金貨ポットが出るクエストまで進みました。
やっぱ、カードは可愛いおにゃのこがいいよねー

本格的に遊んでみて、もちろんこのカードの恩恵もありますが、
「足りない」と思うことはあまり多くなく、
なおかつ「スタミナ半減」のキャンペーン中だったようで丸一日遊び倒せました。

低レベルによるコストの問題もこの子だと全体攻撃なのでまるっと解決。
チェンクロよりはストレスが少なく、快適に遊べているようです。

カードの恩恵は大いにあると思います。間違いなく。

あとちょっとだけ残念だったのはいいBGM付けてるんだけどモノラルなんです。
もちろんスマホで遊んでる分には問題ないし、むしろそっちの方が
良い音に聞こえたりするんですが、スピーカー通すとちょっと残念な感じ。
異国の音楽っぽくてすごくいいのでステレオで聴きたかったなあ。
そこはパズドラで感心させられた部分で。
ドロップ消しの音とかLRに振ってあったりして細かいなーとか。

進化素材のダンジョンもそろそろ覚えてきたり、強化のコツも覚えてきたり、
色々楽しめそう。ストレスがないのはホントにいいものです。

1700万の全容はまだまだ見えませんが、スタートは好感触のようです。

|

« あるある過ぎて大笑い | トップページ | 1700万ダウンロード »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あるある過ぎて大笑い | トップページ | 1700万ダウンロード »