« セガのチェンクロとドラコイ | トップページ | あるある過ぎて大笑い »

2014年1月 4日 (土)

free to win

今日初めてこの言葉を聞きました。
パズドラはこれに属するゲームなんだそうです。
無課金でも勝てるゲーム。

何故、レアガチャで結構な確率で金の卵が出るのか
何故、リセマラが手軽に出来るのか(リセマラという言葉の発信源も実はパズドラではあるまいか)
何故、時間限定ダンジョンを途中で中断して時間が過ぎてしまっても続けてプレイが可能なのか

全て「無課金でも遊べる」仕様だからという結論に行き着きます。

多くのソシャゲはpay to winで、課金(強いカードを所持)しなければ勝てないことが多く
(札束での殴り合いというのだそうです)パズドラにはそれがない。
ここからは課金(強いカードを所持)しないと勝てないよというボーダーラインは存在せず、
各ダンジョンに難易度が設定されていて自分のレベルに合わせたダンジョンで
戦うことができるのも他のゲームと全然違う部分。
パズルを解いてコンボをつなげることで弱いモンスターでもある程度火力を上げることもできます。

チェンクロが何故こんなに苦しいのか。
多くの人の逆の道(パズドラ=free to winからソシャゲ=pay to win)を行ったから。
チェンクロに見る課金仕様が実は往年のゲームのあり方で、
パズドラは課金で苦しむユーザーの救世主だった。

まさに神ゲーだったんですな>パズドラ

|

« セガのチェンクロとドラコイ | トップページ | あるある過ぎて大笑い »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

古い記事なんですが、気になったのでコメントを
パズドラはfree to winのゲームデザインではないと思います。free to winとは課金の有無でユーザー間に有利不利が出来ないゲームデザインのことで、パズドラには課金の有利不利が存在するのでfree to winのゲームデザインではないです
そもガチャゲー(ガチャがあるゲーム)のほとんどがfree to winではありません。free to play(f2p)で無課金でも遊べるし楽しめるが、課金者には優遇があります。free to winとfree to playは全くの別物です
まぁ楽しめれば官軍、言うことはないんですけどね

投稿: 通りすがりの赤マント | 2016年3月10日 (木) 16時06分

コメントありがとうございます。

確かにそうでした。
課金と無課金で有利不利の差が出る時点でパズドラは違いますね。
とってもいいゲームだと思うんですが最近モンストに押され気味で
パズドラ推しの自分としてはちょっとさびしいですね。
いうても両方遊んじゃってるんですが。
足りないのさじ加減がゲームによって随分変わってくるものだなあと最近は思います。

投稿: しらぽん | 2016年3月11日 (金) 03時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« セガのチェンクロとドラコイ | トップページ | あるある過ぎて大笑い »