« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月24日 (木)

ジョイフルランド~♪

紙兎ロペを鑑賞してから3日も過ぎた今、何故かジョイフルランドのテーマ曲が脳内リピです。

おそらくきゃりーぱみゅぱみゅが占めていた脳内リピのスペースがちょっと空いたと思われます(笑)

どっかに落ちてないかな~と思ったんですがさすがにありませんでした。

| | コメント (0)

米iTunesエレクトロチャート1位とか

ここにきて一気にきゃりーぱみゅぱみゅが人気急上昇ワードになってきていますが(主観です)
そんなきゃりーぱみゅぱみゅのアルバム、本日届きました。
オリコンデイリー1位なんだそうです。

アンチも多いと言えども結果(しかも日本だけでなくアメリカ、フランス、ベルギーでも1位)は
きっちり出てくるものだからやっぱ「売れかけている」アーティストであることが
今回のチャートで証明されたんでしょうねー多分。

実際聴いてみた感想は、やっぱりシングルで出された曲の完成度が高いことと、
映像ついてナンボなアーティストだということ。
たとえばCDで聴いた「きゃりーANAN」は特典DVDでライブ映像が入っていますが
これを見た後だと曲の印象がかなり変わることが判明。
音だけで聴いてると大して面白くはないんです、きゃりーの場合。
映像がついてナンボなんです。きゃりーはネット先行型だからそういうことなんだろうなーと思いました。

初回特典のライブDVDは一見の価値アリです。
興味のある方はお早めにどうぞ。

決して回し者ではありませんゆえ(笑)

1個動画を掲載しておきます。ちょっと古いほうの曲ですが「PONPONPON」

| | コメント (0)

2012年5月23日 (水)

CANDY CANDYのバックダンサー

最近きゃりーぱみゅぱみゅのCANDY CANDY(歌番組限定)の
バックダンサーが面白くてしょうがないのです。

PVをネットで見るとPVの偽きゃりーなるバックダンサーは
きゃりーを邪魔しているような雰囲気なんですけど、
テレビの偽きゃりーは微妙に違うというか。
どうも「お笑い」的な立場に居るような気がします。
なんつうか、きゃりーを邪魔するのではなく主役きゃりーを立てて、
自分は「変」に徹してるような感じ。異質過ぎるキレキレダンスで。
その変さがテレビで見るとホントに面白いのです。

そして曲に中毒性がありますから、映像がハマったら脳内リピは必至なわけです。
今日も頭がCANDY CANDYになりつつあります。

明日になればコレがやってきます。




予約しちまったし(笑)

| | コメント (0)

2012年5月21日 (月)

え~マジっすかぁ~?

んなわけでようやく観てきました>紙兎ロペ

ショートアニメで見慣れているせいもあってか間延び感が否めませんでしたが、
なかなか面白いというか小ネタが多くて笑ってしまいました。
特に後ろの看板とか、道路標識とか、案内板とか、
手を抜いているところがむしろ見当たらないみたいな。

しかもあのジョイフルランドのチープすぎる音楽とか。
声の入れ方もマヌケ感たっぷりで。

なかなかどうして面白いですよ。
ただ、普段無料で観ているのに1800円って納得いかなくね?って
アキラ先輩の声も聞こえてきそうでした、はい。

今日の戦利品。

Dsc_0116


シーズン3のDVD他、8000円ちょい。結構な散財です。
給料1週間前はきびしぃーーー!

| | コメント (0)

2012年5月16日 (水)

27日のWOWOWのPerfumeライブ

これに引っ掛けてドームとか、いや、代々木とか、代々木とか、代々木とか
やってくんないかなーとか思っているんですけど・・・
ドームの時に代々木が無かったから今回も単発で終わりかなー

今ならHD画質をブルーレイに保存できる代々木も
当時(2009年)はまだアナログSD画質。
どんなに頑張っても今液晶テレビで見るのにはなかなか難しい画質です。
当時残せる最高画質だったとしても。

やってくんないかなーくんないかなーくんないかなぁぁあああ~

とりあえず楽しみな27日です。

楽しみと言えばこんなニュースが今日駆け巡ったらしい。

山田孝之の低予算連ドラ復活!

Twittwe開けばもうちょっと早く分かったのかもしれませんが
自分が知ったのは夕方でした。

「勇者ヨシヒコ」第2章オフィシャルサイト

つぶやいたりする数が増えるとコンテンツ増えるかもしんないらしい。
早速普段書かないTwitterに入れてきました。
7月期吹っ飛ばして10月期が待ち遠しすぎる。

| | コメント (0)

2012年5月10日 (木)

Perfume武道館ライブ5月9日行ってきました

2008年3月31日、HEY! HEY! HEYのSPでポリリズムを見てから
その後のシングルを全部初回盤で買い、アルバムとDVDは発売日に買い、
DVDを見ながらいつか画面の向こう側に行きたいなと思い続けてきた
Perfumeのライブ、念願の初参加となりました5月9日、
夢を見ているようなライブ会場でのライブを堪能してまいりました。

日本武道館なんて1999年の踊る大捜査線イベントライブ以来ですから
そのころまだ「営団地下鉄」と言っていた地下鉄の呼び名も東京メトロに変わり、
アクセス方法もすっかり忘れてしまって下調べを十分にしてからの参戦となりました。

心配された天気は何やらPerfumeのメンバーの中に晴れ女が居るとかで、
おっかない雷とか雹とかの心配がなく「しとしと」振る程度の雨で済みました。

とりあえず朝10時35分に茨城を出発。
せっかく東京に行くので見たいところ見ようぜということでお台場へ。
ビックリしたのが平日のヴィーナスフォートの人の居なさ具合。
もしかして休みなのか?っていうくらい人が全然居ないヴィーナスフォートは初めて見ました。
いつも混雑しているイメージしかなかったので。
東京でも平日は人が出ないのねん。

台場を4時前に出て、九段下に着いたのは4時30分ぐらいでしょうか、
駅を降りると早速、同士(Tシャツ、ピンクと黒のパーカー着ている人、リバーシブルバッグ下げてる人)が
多数見受けられ、地上に上がると通りにチケットを譲ります買います的な人たちがいっぱい。
人の流れは武道館にまっしぐらですから流れに任せて武道館へ。

とりあえず一番手前にグッズ売り場があったので写真に写ってるものと
パンフレットを購入。

Dsc_0115

そして武道館正面へ。久しぶり!ぶどうかん!オッス!

Dsc_0111

階段の脇にお花が並んでいました。

Dsc_0114

Dsc_0113_2

2階席がまもなく案内になったので結構早めに並んで早めの入場となりました。
5時20分ぐらいに開場されましたね。多分雨のせいもあったと思うんですが。

席に行く時に意外と急斜面なのと、案外軽く前の席を跳び越せるかもしれない高さしか
無いのにビックリしましたけど(前に来たときは1階席だった。今思えば神席)
席に着いてからとりあえずグッズの戦闘服(バイカラーTシャツ)に着替え
とにかく暑いのでタオルは開封。やっぱグッズは使ってナンボです。

開演3分ぐらい前にモニターの氷結CMが大きめの音量で流れると
客席のテンションがうねるように上がり始めます。
手拍子が起こって、各スタンドで音頭を取っているTシャツの男性が居ました。
男性は会社帰りのスーツの方も多く、スーツ脱いだら黄色Tシャツみたいな、
茨城らへんでは絶対無理なシチュエーションで逆にかっこよかったです。
いいですよね~会社帰りにライブとか。
こっちはガチで休みにしないとぜってーこの場所には来れないので。

ついでに女の子でコスプレ多かったですね。
かしゆかが拾っていたかしゆか「スウィートドーナツ」コスプレはもちろんのこと、
スパイスの衣装を着た2人組のおねーちゃんとか、ドームライブ後半の緑の衣装を着た
おねーちゃんは同じ東スタンドに居ました。ひときわ注目を浴びてました。
コスプレはある意味勇気が居りますな。
「ねえ」の衣装を着たおねーちゃんも居たかな、確か。

オープニングは今回静かなので、その後の歌に入ったとたん客席飛び上がり~みたいな。

とりあえずただでさえ暑い武道館、熱気でさらに暑くなります。

ステージ演出はずっとDVDで見てきたけれど実際会場の中で見るとホント迫力が凄い。
ってかここでこんなに暑くてあの3人は照明をずっと浴びて超暑いだろみたいな。
案の定、終盤あ~ちゃんMC中息切れしっぱなしで大丈夫だろうかとちょっと心配しちゃいました。
ライブ始まって最初のMCで武道館は5月は空調がかけられない決まりになっていて、
MCの間、係員さんが全てのドアや窓を開放してくれて冷気を入れてくれているといってました。

それにしてもPerfumeのMCは面白いな~
客いじりをするとき話しかけたお客さんはカメラで抜かれてバックスクリーンに
どーん!と写ります。
今回は先に書いたかしゆかコスプレさんと、何故かケツメイシタオル持ってきた人(個人的に超面白かった)
バイカラーTシャツを着こなすきれーなおねーさん、No Perfume No Lifeの文字を掲げた二人組さん
今日40歳の誕生日を迎えたというメガネのおにーさん
全員バックスクリーンに映し出され、Perfumeの3人と直にお話していました。

こういうやり取りって本人同士しか分からなかったりするのがライブの普通だと思うんですけど
今回は会場内全員が「今Perfumeのみんなはこの人と話してるんです」みたいなのが分かって
すごくやり取りが分かりやすいというか、一体感凄いですよ。MCなのに。
こういうところがPerfumenの凄いところであり、ライブに人が来る理由なんじゃないかなーって思いました。

ケツメイシのタオルの人にはケツメイシの「君にBUMP」を歌って手拍子振ってました。
なんて素晴らしい。ってかこれをきっかけにケツメイシとPerfume仲良くなんねーかななんて思ったりして。
No Perfume No Lifeの人たちは2階南のかなり上の方の席だったのにもかかわらず、
話しかけてきて最初本人達が自分のことと分からずにリアクションをしなかったらメンバーに突っ込まれてました。

とにかくお客さんのいじり、煽りが上手で、なんつうかうま~く調教されてしまう感じ。
PTAで踊った曲は後で出てくるし、そのときにフリも振ってくるし、
ジャンプを煽るときにあ~ちゃんが裏拍で掛け声を入れてきて超かっこよかったです。
おかげでこっちは席から落ちる勢いでジャンプしっぱなし。

くたくたなのに体が動いてしまう、後半はそんな感じでした。
声も出したし、飛んだし跳ねたしで2階席後方なのに汗だくなライブで、
やはりPerfumeライブは会場に入ってしまえば前も後ろも一緒なんだと思いました。
武道館は2階席後方でも近いし、バックスクリーンを見るまでも無く
ステージの3人を結構追うことができましたし。

Perfumeには武道館がジャストサイズなんじゃないかと思ったぐらい
一体感が半端ないライブで、4年間の思いを十分に果たせる場所でした。
とりあえず3人には環境が厳しいので体に気をつけて今後のライブを無事に完走してもらいなーと思いました。
あ~ちゃん最後息切れ凄かったし。でも笑ってるんですよね。相当疲れてたと思うんですけど。

今回1回だけ参加に設定したのは勿体無かったな~

いじょ、Perfumeライブ初参加の感想でした。

| | コメント (2)

2012年5月 7日 (月)

テルマエ・ロマエを観ました

今年初めに「宇宙人ポール」を観に行った時に多分予告を見たんですが、
その後深夜の「ノイタミナ」でアニメ版をちょろっと見かけていました。

そんなわけで公開3日の4月30日の21時の回を見てきました。
「電車男」と「のだめ」を監督された武内監督だけあって
笑いどころの作り方とかはずし方とかがいかにもそれらしく、
むしろ今までいっぱい作ってきて洗練されたのか?ってくらい、
笑いのエッジみたいなのが効いてる感じでした。
それは阿部ちゃんという役者さんのおかげかもしれません。
「結婚できない男」で現代の建築士っつーか設計士をやっていたけど、
それが古代ローマに行った感じでしたから。
怪演とか妙演とかそういう言葉が一番合います。

で、ゴールデンウィーク明けてみたら、興行収入が22億超えで
動員数が150万人突破とか。ものすげえ。
後半のダレ具合なんてものともしない勢いで。

もう1回行きたいけど、とりあえず明後日のPerfume武道館が終わってからですね。
4年間行きたい行きたいと思い続けてきたライブDVDの画面の向こう側に行ってきます。

| | コメント (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »